ライン

 ご祈祷

ライン

神前結婚式   二人の誓いを
ご祈祷申し込み
安産祈願
初宮詣
七五三
厄祓
年祝・還暦
八方除
交通安全
その他のご祈祷
ホーム

三皇熊野神社では、お二人の門出を祝し神前結婚式を執り行っております。
晴れて夫婦となることを神様にご奉告申し上げるとともに、お二人の絆はもちろん、ご両家の絆も固く結ばれますようお祈り申し上げます。



 式次第
着座  神職及び新郎新婦、両家親族が着席します。
修祓  神職が祓詞を奏上し、大麻で新郎新婦及び参列者全員をお祓いします。
斎主一拝  祭儀を司る神職に合わせて神前に向かい全員で一拝します。
献饌  神前に神饌を奉ります。
祝詞奏上  斎主が祝詞を奏上します。この間ご起立の上、ご低頭いただきます。
誓盃の儀  ご神前にお供えした御神酒で、新郎新婦が三三九度の盃をくみかわします。
誓詞奏上  新郎新婦が誓詞(ちかいのことば)を神前で奏上します。
(指輪交換)  新郎から新婦へ、新婦から新郎へ、指輪を交換します。
神前神楽  神前神楽「浦安の舞(うらやすのまい)」をご神前に奉納します。
玉串拝礼  まず新郎新婦、次に媒酌人、次に親族一同がご神前に玉串を奉ります。
親族盃の儀  両家の親族が御神酒をいただき、親族かための儀を行います。
撤饌  神饌を下げます。
斎主一拝  神前に向かい、神職に合わせて一拝し、婚儀をおひらきにします。


 初穂料

 神職1名 ・ 巫女2名  舞の奉納(鈴舞) 3万円
 神職2名 ・ 巫女2名  雅楽(一管) ・ 舞の奉納(鈴舞) 4万円
 神職3名 ・ 巫女2名  雅楽(二管) ・ 舞の奉納(鈴舞) 5万円
寿  神職4名 ・ 巫女2名  雅楽(三管) ・ 舞の奉納(扇舞・鈴舞) 7万円 
※ あくまで目安となります。
※ 日程が整いましたら、お早めに神社へご相談下さい。


 祭場と参列者の位置
 ご神前に向かって中央に新郎新婦、その後方に媒酌人が位置します。
 また、向かって右側に新郎の親族が、左側に新婦の親族が父母から順に着席します。


※ 詳細は神社までお問合せ下さい。
  三皇熊野神社里宮(社務所)  電話/FAX 018−832−6303
八方除御守 神棚贈呈 厄年一覧表へ 安産戌の日

Copyright (C) 三皇熊野神社. All Rights Reserved. css by pondt
お問い合せ先、アクセスマップ ブログ 気まぐれ社務日誌