ライン

 奉仕神社

ライン

井関権禰宜
奉仕神社
  神明社(しんめいしゃ)
 
 
ホーム
【鎮座地】 大館市比内町扇田字本道端44
【御祭神】 天照皇大神(あまてらすおおみかみ)
       応神天皇(おうじんてんのう)
       大物主神(おおものぬしのかみ)
       大市姫神(おおいちひめのかみ)
       倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
       言代主神(ことしろぬしのかみ)
【例祭日】 7月16日
       4月3日  ジャジャシコ祭り
【御由緒】
 創立年月日不祥なれども、文治初年にこの地に住みついた現宮司家の祖11代目が書き残す御用日誌に「伊勢の神鎮まり給う祠あり」とあり、又神社記録に「天正3年領主浅利民部少輔興市公社殿移築す」とある。
 浅利氏滅び安藤氏年代は安藤氏の祈願所となり、桧扇紋を社紋とした。後年佐竹氏の紋所を許され、五本骨扇紋となる。明治6年郷社に列格。明治40年10月10日、神饌幣帛料指定神社となる。旧社殿は戊辰の役の南部、秋田の激戦地となり南部方により焼失、十二所城代茂木大館城主佐竹大和大いに深慮をかしこみ社殿建替現在に至る。
八方除御守 神棚贈呈 厄年一覧表へ 安産戌の日

Copyright (C) 三皇熊野神社. All Rights Reserved. css by pondt
お問い合せ先、アクセスマップ ブログ 気まぐれ社務日誌