三皇熊野神社

ライン

 ご由緒

ライン

里宮   旧熊野神社  鎮座地 秋田市牛島東2丁目2−36    
ご由緒
本宮
里宮
霊水の大木
獅子舞
三皇祭
年中行事
ホーム
《御由緒など》三皇熊野神社/里宮
旧熊野神社は、藩政時代に牛島村の中心であった下丁の産土(うぶすな)様として地域の人々に親しまれ崇敬を集めてきた神社である。明治時代の『羽陰温古誌』(ういんおんこし 近藤源八著)によると、当社は、弘化3年(1846)2月15日に社殿が焼失しており、詳しい記録はないが、もともと三皇神社の合殿であったが、慶長5年(1600)に現在地へ遷座されたと言う。天明年間(1781〜88)に観音菩薩(通称 メロリ観音)が安置され、伝応山熊野権現と称し、通称「お堂」と呼ばれ、境内社として、神明社、稲荷社、愛宕社があった。
 当時は、龍王院と言う修験者が別当を務め、3月17日に観音、9月9日に熊野権現の祭りが行われ、牛島村ばかりでなく、近郷近在から大変多くの参詣で賑わっていたと記録にあり、また久保田巡礼三十三番札所の第七番であった。
 明治3年(1870)、神仏分離により、観音菩薩と狛犬、また札所は牛島東一丁目の宝袋院へ遷されている。
 明治44年(1911)三皇熊野神社に合祀された。
現在の里宮は、昭和55年(1980)、三皇神社と熊野神社が合祀して70年、昭和5年に牛島の大火により旧社殿が類焼し、仮社殿再建50年を記念し、諸祈願祈祷所、氏子崇敬者の多目的参集所を目的として、広く浄財を募り、鉄骨、木造併用の建物で、平成12年(2000)に屋根を銅版に葺き替えた。
 里宮鳥居から幣殿と拝殿が一体となった社殿で、幣殿に神座を設け、「お堂」と呼ばれた当時のように本殿がないのが特徴である。

《社殿概要》 建坪 約100坪
        千木内削 鰹木五本
        屋根銅版葺き

                  朱塗りの両部鳥居
                  昭和63年(1988)(右)

里宮狛犬


御大典記念の狛犬
平成2年(1990)(上)
奥が里宮社殿
八方除御守 神棚贈呈 厄年一覧表へ 安産戌の日

Copyright (C) 三皇熊野神社. All Rights Reserved. css by pondt
お問い合せ先、アクセスマップ 三皇熊野神社 三皇熊野神社 三皇熊野神社 三皇熊野神社